パパを育てられると継続的にお手当がもらえるようになる!

もうパパ活で失敗しない!これでダメなら諦めて!

パパ活でよくやってしまいがちな失敗体験というのがありますよね。

 

パパは会いたがっているし、お金もくれそう!だけど会うと失敗してしまうこの堂々巡りに陥っている女の子はとくに初心者に多いです。

 

失敗の定義人それぞれですけど、

 

・パパが継続して続かない

 

・お小遣いをもらえずに毎回のように帰宅されてしまう

 

・ホテルに誘われ着いていってしまう

 

などいろいろとありますね。

 

なぜ失敗するのかを見ていくことにしましょう!

 

プライバシーの保護第一過ぎて、パパがどんな女の子かわからないで終わるパターン

 

今は、プライバシーの侵害をしないようにしていくことはとても大事になって来ていますよ。

 

ところがこれからパパを探したい女の子までもが、自分のことを一切話さないでいると、”この娘は会いたくないのだろう”と思われてしまい、連絡が滞ってしまいます。

 

出会い系サイトで顔写真はあった方がパパ活に有利になる!

 

とくに各出会い系サイトでは、顔写真を載せられますが、顔画像がないだけでパパは素通りしやすくなります。

 

なぜなら他の女の子は顔写真を載せているためです。
確実に自分の顔がUPされている写真を載せるのは苦手であるなら、今はさまざまな顔加工アプリがありますし、一部スタンプをつけるなどしておけば大丈夫です。

 

食事だけで1万円欲しいと最初からいうのは嫌われるだけ!

 

別にパパからすれば、1万円のお小遣い程度あげた所でお財布の中身がスッカラカンになくなってしまうわけではないんです。

 

ただ、パパはお金目当てで寄ってくるような女の子が苦手なだけです。

 

まずはパパの自由意志を大事にすることが大事ですね!
さすがにデート代の負担はお願いできます。
ただ、一番大事なお小遣いは、女の子の口からおもむろにいうのは避けるべきですね。

 

パパも継続して行きたいと思えば、自然とお小遣いをくれますので、その金額が5千円だったり1万円だったりします。

 

身の上話を通してパパからお小遣いを引き出せるように工夫してみましょう。

 

・奨学金の返済がまだ残っているの

 

・最近、バイトをコロナの影響でクビになってしまったの
(後日通り過ぎたら私が働いていたお店閉店してなくなってしまっていたの)

 

・親が病気で倒れたのにお金がなかったからパパ活しているの

 

・遊ぶお金がないからパパ活しているの

 

などですね。

 

パパを育てることでもっとお小遣いをもらえるようになる!

 

パパは自分に構って欲しいという気持ちがあります。
ですので、皿をちょっと取ってあげる!ジュースを継いできてあげる!など、ちょっとだけよいしょするだけで、パパのご機嫌は良くなります。

 

「あの娘は気を利かせてくれるなあ・・・」と好印象を与えておけば次回も続く傾向はあります。

 

また女の子も、「素敵なパパと出会えた!」と喜んであげることでパパは、いくらでも女の子につぎ込むようになっていきますね。

 

お小遣いをUPしてもらえるマル秘テクニックとは?

 

パパにお小遣い(お手当)を上げてもらうにはどうすればよいのかと言えば、2度目または3度目からくれるときに

 

「今、困っていることがあるの、もうちょっともらえないかな?」

 

とさり気なく言えば、1万円のつもりで渡そうとしたお小遣いが2万円に!

 

なんてことも十分にあり得ます。

 

後は、この繰り返しによってお小遣いが次々と懐に入るようになっていくんです。

 

今、仕事をしてはいるけど将来が心配!

 

奨学金を借りているので卒業後が心配!

 

などいろいろなお金の悩みが尽きにない時代だからこそ、パパと出会うことで解決していきましょう!

page top