パパを育てられると継続的にお手当がもらえるようになる!

もうパパ活で失敗しない!これでダメなら諦めて!

パパ活でよくやってしまいがちな失敗体験と言うのがありますよね。

 

パパは会いたがっているし、お金もくれそう!だけど会おうとすると失敗してしまうこの堂々巡りに陥っている女の子は特に初心者に多いんです。

 

なぜ失敗するのかを見ていくことにしましょう!

 

プライバシーの保護第一過ぎてパパがどんな女の子かわからないで終わるパターン

 

今は、プライバシーの侵害をしないようにしていくことはとても大事になって来ています。

 

ところが、これからパパを探したい女の子までもが、自分のことを一切話さないでいると、”この娘は会いたくないのだろう”と思われてしまい、連絡が滞ってしまいます。

 

特に、各出会い系サイトでは、顔写真を載せることができますが、顔画像がないだけでパパは素通りしやすくなります。

 

なぜなら他の女の子は顔写真を載せているためです。確実に自分の顔がUPされている写真を載せるのは躊躇うのであれば、一部スタンプを付けるなどしておけば大丈夫です。

 

食事だけで1万円欲しいと最初から言うのは嫌われるだけ!

 

別にパパからすれば、1万円のお小遣い程度あげた所でお財布の中身がスッカラカンになくなってしまうわけではないんです。

 

ただ、パパはお金目当てで寄ってくるような女の子が大嫌いなだけです。

 

まずはパパの自由意志を大事にすることが大事ですね!さすがにデート代の負担はお願いできます。ただ、一番大事なお小遣いは、女の子の口からはおもむろに言うのは避けるべきですね。

 

パパも継続して行きたいと思えば、自然とお小遣いをくれますので、その金額が5千円だったり1万円だったりします。

 

パパを育てることでもっとお小遣いをもらえるようになる!

 

パパは自分に構って欲しいと言う気持ちがあります。ですので、皿をちょっと取ってあげる!ジュースを継いできてあげる!など、ちょっとだけよいしょするだけで、パパのご機嫌は良くなります。

 

「あの娘は俺にメロメロなんだな・・・」と勘違いを起こしておけば、それだけでお小遣いが増えていくものです。

 

女の子も、「素敵なパパと出会えた!」と喜んであげることでパパは、いくらでも女の子につぎ込むようになっていきますね。

 

パパにお小遣い(お手当)を上げてもらうにはどうすれば良いのかと言えば、2度目または3度目からくれるときに「今、困っていることがあるの、もうちょっともらえないかな?」とさり気なく言えば、1万円のつもりで渡そうとしたお小遣いが2万円に!

 

なんてことも十分にあり得ます。

 

後は、この繰り返しによってお小遣いが次々と懐に入るようになっていくんです。

 

今、仕事をしてはいるけど将来が心配!奨学金を借りているので卒業後が心配!

 

などいろんなお金の悩みが尽きにない時代だからこそ、パパと出会うことで解決していきましょう!

お問い合わせはコチラ^^
ご質問はこちらから
page top