1ヶ月30万円もらえるようになった出会い方とは?

パパ活で被害に遭い続けてやっとまともなパパからお小遣いを月30万円もらえている感想

パパ活という言葉を知ったのは26歳のときです。ちょうど仕事がきつく感じていて、そろそろ天職しなきゃまずそうだと思っていた矢先に、倒れてしまいそれでさすがに今の職場では続けられそうにないと思って辞めたんです。

 

そこからは、まだ生活費として貯金はあったものの、すぐには仕事を探すのは厳しいかもと思ってパパ活をスタートしたんです。

 

だけど彼氏は過去2から3人ほどしかいない私にとって、パパなんてどう接していいのか分からず仕舞いだったんです。

 

利用してみたパパ活アプリでは、女性が多すぎて私は1ヶ月利用して1人しか会えず、しかも身体目的のパパだったし、最初言われていたお小遣いとは比べ物にならないほど少なかったんですよ。

 

3万円のはずが1万円って・・・、もはややり逃げされたも同然ですよ。

 

それ以来、今はJメールでパパ活をしているんですけど、何度か失敗してきた結果、うまい具合にパパ活をし続ける事ができています。

 

まず、パパ活はお店(キャバクラやホステス)ではないので、パパも見極めようとするんですよね。

 

だから、ドタキャンされても良いようにその日に2から3人のパパと待ち合わせしようとしておくことが大事なんです。

 

そして、みんなご飯パパで最初は終わっておき、私のタイプじゃないと思ったら、それ以上のことは決してしないようにするんです。

 

それだけでも、お小遣いを1万円くらいくれるパパはいるので、パパが諦めてしまったり私がいらないと思うまでは続ければ良いだけです。

 

私がイケメンとかまあまあの容姿だと思えたパパとだけはその後は別!

 

もちろん、ホテルでは最初にもらうものはもらっておくのが確実な方法なんです。

 

後でもらおうとするとトラブルになってしまいがちですからね!

 

Jメールでは、最初からアダルト掲示板でエッチ目的で相手を探せるアダルト掲示板はあるんですけど、私はそういうつもりで最初から会おうとしないので、軽いデートから入れるパパとだけ会うようにするだけでも、会社の社長さんやお医者さんと会えるチャンスはいくらでもありますよ。

 

Jメール 会員数 約600万人 女性は無料

Jメール

Jメールは、誘い飯掲示板で書き込みをすることが出会うコツ!

 

パパにはご飯をごちそうしてもらわないとお小遣いをもらえることなんてないので、ゆとりのあるパパを見つけ出してお小遣いをもらっちゃいましょ?

 

Jメール

お問い合わせはコチラ^^
ご質問はこちらから
page top