パパ活で被害を被るケースってあるの?

パパ活女子が受ける被害と対策方法とは?

パパ活

パパ活とは、食事だけの関係でお小遣いをもらえると言った出会い方で、パパにとっては年下の女の子と出会えると言った利点があり、女の子にとっては別にバイトや仕事をしなくてもちょっとパパと会えば少なくとも1万円〜多いと5万円などと高額なお小遣いを手に入れることができるかもしれないわけですね。

 

パパ活で出会うときには、まずどんな内容のことをするのかを決めていくわけです。

 

例えば、ご飯や近くの商業施設めぐりなどちょっとした場所を巡るだけなど様々な出会い方があります。

 

では出会えたときに起こる被害はどんなことがあるのか?

 

・お金をデート最後にくれると約束していたけど結局くれなかった。(または金額が少なかった)

 

・パパにお酒をたくさん呑まされてセックスを強要させられた。

 

・セックスのときの動画を撮られてリベンジポルノということで、ネットに公開させられた。

 

などです。

 

ではどうすればそのような被害を遭わない済むのかと思いますよね?

 

・お小遣いはデートする前にもらうようにします。

 

・お酒はできるだけ呑むことがあっても少なめにしておき、席を立つときは何か入れられていないかという気持ちを持つことは大事だけども、かと言って怪しむわけにはいかないので、「このお酒にはもう飽きちゃった」と嘯いて別のお酒か水をもらうようにします。

 

・セックスすることがあったとしたら、動画を撮られないかチェックします。

 

※実は、下心しか持っていないパパを最初から遠ざけるには、メールでもプロフィールにもHはしたくないことを伝えておくようにします。

 

OKしてくれたパパであれば、ほぼ9割以上の確率で特にトラブルことはないのですが、全くの無防備で出会うのは避けるようにしてみてくださいね。

 

私は、1度だけ会ったおじさんが3万円くれると言っていたので会うことにしたら、

 

結局帰り際になって1万円だけ入った封筒を渡され挨拶もなく車に乗り込み帰宅していきました。(長野県 27歳 フリーター)

 

お金がないのではじめたパパ活で食事後にホテルに連れ込まれそうになったので、

 

お小遣いを3万円くれるのなら・・・とかま掛けてみたら逃げていきました。(大阪府 25歳 自営業)

 

これから紹介していける出会い系サイトはすべて女性は無料で使えます。(※18歳以上限定)

 

どうしてもお金がいるときってありますから、そういうときには知り合いや友人、親、兄弟に相談するよりもやっぱり年収が高く数万円程度なら分厚い財布からホイッとくれるパパと出会うことですべてが上手くいくようになると思いますよ。

 

パパとだったら、お互いが必要なくなれば去っていくのが当たり前ですからね、お金をすぐにでももらいたいと思っている今こそパパと出会ってくると良いでしょう!

 

Jメール 会員数 約600万人

Jメール

Jメールは、奨学金の返済がとても辛くて悩んでいた大学卒業したての女の子がパパ活をはじめたサイトです。

 

すぐに気の優しいパパとメールをすることが出来て、奨学金の話を打ち明けてみると月に30万円出すから会わないと言われて出会うことに。

 

別にHの強要とかもなくしかも、服やメイク道具まで買い揃えてくれるパパとの出会いのおかげで、奨学金が減り希望を見いだせるようになったサイトですよ。

メルパラ 会員数 約500万人

メルパラ

メルパラは、月に1回から2回ほどパパ活をしては携帯料金代やガソリン代など様々なことでお金が必要なときにパパと会っている女の子が多いプチパパ向けのサイトですよ。

 

パパとは1から2時間程度しかいないのに諭吉1枚程度はすぐにくれるおじさんたちが多く、これなら定期的に続けられるとお互い納得しているほどです。

 

パパにとっては一瞬の癒やしみたいな関係なので、特にパパ活を怖がることもないと思いますよ。

ワクワクメール 会員数 約700万人 

ワクワクメール

ワクワクメールは、親からの虐待を受けて育ち悩んでいたような男性がいて、そういった優しい性格の男性が親のような気持ちでパパ活をしてくれています。

 

だから欲しいものがあれば、買ってあげたいと言ってくれるのは普通なのです。

 

こうして仕事がうまくいっている優しいおじさんは女の子の強い味方なのかもしれません。

 

 

お問い合わせはコチラ^^
ご質問はこちらから
page top