複数のパパと会いたいときに使えるパパ活サイトの使い方は?

パパ活だけで生活したいのなら複数のパパと掲示板を使って定期的に会うのがベスト!

複数のパパが誰に打ち明けるわけでもなく内緒でいれば、もはやパートや派遣などで女性が働いていて給料が少ない状態だったとしても、むしろ副業感覚で仕事ができるようになるほどの余裕が出てくるようになります。

 

そんな18歳以上の女性は無料で使える出会い系サイトを紹介していきますね。

 

実は、今女性は3人に1人が貧困なんて言われているほど収入が少なくて困っている人が多いです。

 

日本では、学校を卒業したときに一括で採用されるわけですが、結局女性の場合は結婚や妊娠など様々な女性しかない条件が重なり、なかなか就職がしづらい環境にありますよね。
だからこそ、お金がない状態がずっと続くようになるのですが、風俗やキャバクラでバイトをするとブラックなことが多いです。

 

なので、こうしてパパ活をしておけばいくら3から4人のパパをキープしていたとしても、出会うときは1人ずつなのでとても気楽にできますし、1人あたり3から5万円のお小遣いをもらってくればいいだけですからね。

 

パパになりたい男性の職業は、会社員、公務員、医者、弁護士、税理士、トレーダー(FX、株、ビットコインなど)など様々な方が多く年収にして500から2000万円前後を稼ぎ続けているため、数万円のお小遣いをケチケチしないわけですよ。

 

メールで条件を言い合うのが出会うコツです!ご飯だけなのかおさわりはありなのかなど決めていけば大丈夫ですよ。

 

もちろん、このパパとは会いたくないと思ったらブロックできますので、サイト内ですべてやりとりすれば大丈夫です。

 

パパと会うためにJメールを使い始めました。

 

すでに3人の会社員のパパがいます。(32歳、40歳、48歳です。)

 

医者やトレーダーなどのそこそこお金を持っている人ってやっぱり奪い合いになっちゃうので、会社員のパパを増やしています。

 

私は、もう28歳で年齢的に言えばパパ活卒業なのかもしれませんけど、1年ほど前から始めた遅咲きなんです。

 

さすがに、パパ活ってお金お金ってイメージが強くなりがちなのですが、少し謙虚に言うようにすればパパも仕方ないなって気持ちになってくれてます。

 

「私ね、今どうしてもこの資格が欲しくて頑張り中なんだけど、バイトする余裕がなくてね。」

 

と言ってあげただけで5万円もらえたことがありますよ。

 

こんなバイトをしていると、どうしてもアルバイトをしているのが虚しく感じてくることありますけど、パパ活は一時的だからと気持ちを落ち着かせつつ、パパ活で得たことで貯金通帳を覗くのが今一番の楽しみですね。

 

(28歳 大阪市内 バイト)

 

複数のパパと出会えるからこそ生活できるパパ活ランキング

 

Jメール 会員数 約600万人

Jメール

Jメールには、ご飯を奢ってもらえるために使える誘い飯掲示板やら、おさわり程度ならOKという女性のためにアダルト掲示板などが用意されておりパパ活をしっかりと出来ると1番人気の出会い系サイトですね。

 

パパと出来るだけ早く会いたいときこそ、Jメールのサイト内でメールをしていくことが出会う最短距離かもしれないです。

メルパラ 会員数 約500万人

メルパラ メルパラは、まだまだパパになりたい男性は多いのに女性が少ないのでドンドン女性会員を募集中の出会い系サイトです。

 

パパと言っても30代から70代まで様々ですが、やはり年齢が高い人ほどお金に余裕があることは知っておくと貯金通帳の金額も変わってくることでしょう。

ワクワクメール 会員数 約700万人 

ワクワクメール ワクワクメールは、ご飯を奢ってくれるおじさまが3から5万円のお金をくれるなんて珍しくない20代から40代の女性がパパ活しているサイトです。

 

わざわざキャバクラやホステスなどでバイトをするのはきついから面倒くさいと思っている人はワクワクメールでパパをつくっちゃいませんか?

 

 

お問い合わせはコチラ^^
ご質問はこちらから
page top