1人4,500円近くの料理だったけどトラブルにならずに済みました

パパ活で食い逃げされても諦めずにするメリットがやっぱりあった!

パパ活していて3人目のパパさん40代後半の方とご飯を食べに行く機会がありました。

 

そのときはLINEIDで条件のやりとりが行われていたし、「食事代はパパ持ち、お小遣い1万円あげるよ」

 

と明記してくれていたんです。

 

これで安心して会ったのは良かったのですが、世の中には善人ばかりじゃないことを知る羽目に。。

 

帰り際になり、パパがトイレに言ってくると言い残したままどこへ行ったのか分からなくなってしまい、パパにLINEを打ってみても返事がないのです。

 

あれだけすぐに連絡をくれていたパパだっただけに、これは食い逃げをされたと青ざめてしまいました。

 

だけど、ネットで知っていたパパの食い逃げ予防策を理解していたことで、私はこの難しい状況を一人で解決することができたのです。

 

まず、パパ活でパパが食い逃げしたからと言っても払う責任は私にもあるそうで、私も逃げれば罪はまず私にもくるのは間違いない模様・・・

 

ということでパパには出会ってからすぐに1万円をくれるようにおしゃべり中に言ってみたんです。

 

それでお店に入る前にもらっておきました。そのおかげで、お会計がちょうど9,000円程度だったのですが、そのお小遣いから支払うことに。

 

これでお店と揉めることもなくなりました。わずか1千円ぽっちと少ないお小遣いでしかも、苦い思いをしてしまったのですが、これまでのパパからはすでに100万円以上ももらえているおかげもあって、財布の中にも2から3万円は入れているので、ヤバイことにはならない予定ではありました。

 

なので、パパ活をまだ1度もしたことがないと言う子なら最悪なことになっても良いようにお店に入る前に私と同じようにお小遣いは先払いしてもらっておく方が、良いと思いますよ。

 

私は、その苦い体験を他のパパにしておくと、「そんなケチなおじさんがいるんだね」と呆れられてしまい、なぜかすんなりとお小遣いをくれるようになった気がします。

 

まさにマル秘テクニックを身に付けてしまいました。

 

Jメール 会員数 約600万人 女性は無料

Jメール

Jメールは、パパ活初心者にも良心的なサイトですね。

 

さすがに、パパと出会うときは条件を残すためにもLINEやカカオトークでされた方がベストと言えます。

 

男女の出会いはトラブル0とまではいかないので、履歴くらいは残して自己防衛をしつつ、パパと出会ってイイ思いをしてみませんか?

お問い合わせはコチラ^^
ご質問はこちらから
page top